# Ryoppiのベスト

Ryoppiこと我が息子のベストを作りました。
家にいっぱいたまっている糸の中から「この糸で何かつくりたい」ってRyoppiが引っ張り出してきました。
何を作ろうかと一緒にいろいろ考えたのですが、『この糸ではRyoppyの作りたいものは作れない。』って結論になり、それでは私が何か作ってあげるねってことでベストが誕生しました.(ちなみにRyoppyの作りたかったものは針山です。                                                                           

林ことみさんの『北欧ワンダーニット』という本のなかのエストニアスパイラルという技法を参考にデザインしてみました。
Ryoppyベスト1

わきまでは輪で編みそこから前後にわけて編んだのですが、何か勘違いしてそのままの模様で編みあげてしまい途中でまてよこれでは編み地が斜めのままではないかと。。。
Ryoppyベスト2

左右で減目増し目などいろいろかんがえたけどやっぱり無理だよね。と気づきデザイン変更しました。
Ryoppyベスト3
襟はまたエストニアスパイラルを使いました。輪ではなく開いて編みその斜めを襟に活かそうとしましたが、「もう一工夫した方がよかったかなあ。」と思います。なんなく襟の形がすっきりおさまらないかんじがて。。。
次回に活かそう


Ryoppyベスト4

ベスト好きのRyoppi。形と色は気に入ってくれたのですが、首がちくちくして嫌だと。
アトピー持ちの彼には確かに嫌かもと思い、着られなくなった彼のお気に入りTシャツで襟をカバーしてみました。

Ryoppyベスト5


それでもやはりちくちくするらしく残念ながらすっかりオブジェとなりクローゼットにぶらさがったままとなりました。
残念無念。


関連記事
テーマ: 編み物 | ジャンル: 趣味・実用
フェリシモ クチュリエ検定 かぎ針編み・実技編 | Home | Happy Tone

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する